DSC_2089

玉露 飲み比べ会

こんにちは 管理人です。

昨日は、岡部で玉露の試飲会に行ってきました。

みなさんは玉露をご存知ですか? 日本の3大産地は京都の宇治、福岡の八女、そして静岡の朝比奈です。

 

緑茶もかぶせ茶も玉露も、茶葉は同じなんですね。

緑茶は覆いをかけませんが、かぶせ茶は2週間程度、玉露は20日程度被覆して日光を遮断します。

そうすることで、茶葉が柔らかくなり、色も濃くなります。

玉露は芽を摘んだら、せいろで蒸して手もみします。

蒸した時に2キロほどの茶葉が、手もみし終えると500グラムほど、つまり1/5程度になってしまいます。

蒸してから仕上がるまでに5時間程度の作業です、すべて手作業ですから、それなりのお値段というのも納得です。

DSC_2092

今回は3種類(3農家さん)の玉露を飲み比べました。

DSC_2090

こんなにも違うんですね~!! びっくりでした。

普段飲んでいる緑茶よりも、だし?のような味で、うまみ成分た~~っぷりです。

DSC_2094

好き好きはあるでしょうが、葉っぱが柔らかいため、出がらしの茶葉もおかかとポン酢で食べちゃいます。

捨てるところが全然ない、本当にエコで体に良い食品ですね!

DSC_2086

今回は、今年の献上茶謹製事業に携わられた藤枝の茶農家さんも参加してくださり、手もみ茶もいただきました。

1煎目、2煎目と随分味がちがうんですね~

カテキンとカフェインで、リラックスしてまった~りしましたよ。

 

ぜひ、静岡の玉露を飲んでみてくださいね~☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です